リモート面接で印象良く見られるには?
2020.07.12掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Line
お役立ち情報

リモート面接で印象良く見られるには?

 

就職・転職活動を行ううえで、避けては通ることのできないのが面接。

採用する側の気持ちは、「履歴書や筆記試験だけでは人となりや能力は判断しにくい…。」といったところでしょう。

そこで、面接はコミュニケーション能力などが試される場となるのです。

最近では、希望した会社に出向かず、パソコンを活用した【リモート面接】を行う企業が増えてきています。

リモート面接は採用担当者と対面でないとはいえ、対面面接と同じように画面上の印象が採用を左右します。

中途採用において「採用して良かった中途社員の特徴」に関するアンケート調査では、

3位に「コミュニケーション能力が高い」がランクインしています。

また、それとは反対に「期待外れだったと思った中途社員の特徴」

1位には「コミュニケーション能力が乏しい」という結果が出ています。

 

では、リモート面接でコミュニケーション能力をアピールするポイントとはなんでしょうか

そのポイント3つお伝えいたします!

 

■第一印象がいい人

面接開始の瞬間から明るいトーンで話し、常に笑顔の人は印象に残りやすいのです!

『元気で明るい人だな』という第一印象を相手にもってもらうこと。とくに重要なのは、最初の5秒です。

この一瞬で【第一印象】が決まる、といっても過言ではありません!!

担当者はあなたの表情や姿勢はしっかりチェックしています。

感情を伝える【笑顔・話しに頷く・前かがみになる】などの動作を活用しましょう。

自分が相手からどう見えているかを意識し、「きちんと聞いている」ことを表情や仕草から表現する努力が大切です。

担当者が声をかけた瞬間によく見せようと背筋を伸ばしたりする人がいますが、それでは遅いです。

『この人は、コミュニケーション能力が低いのでは…』と感じられてしまうので要注意ですね。

 

■ある意味「遠慮がない人」

『面接で遠慮しない人』が意外にも印象に残りやすいようです。

積極的に採用担当者へ質問を投げかけたり、自身の考えを本音で伝えたり…。

担当者からの質問に、プラス面とマイナス面を正直に伝えるのもポイント。

ほとんどの人は面接時に相手の企業に対して誉め言葉ばかり使いますが、

その中で的確な疑問や指摘をしてくれる人は一目置かれる存在となります。

いい意味で遠慮がなく、つい聞き入ってしまうというケースもあるのです。

リモート面接は直接相手の顔を見ることができない分、

自らの本音を話すことは対面面接以上に勇気が必要かもしれません。

だからこそ、やりとりのなかで『もっとこの人と話をしたい』『コミュニケーション能力が高い人だ』

と担当者へ思わせることが大切のようです。

 

■質問の真意を読み取った回答ができる人

採用担当者の質問の真意を即座に読み取り、その場に適した回答のできる人が印象に残ります!

面接をしていると、『この人は結局何を伝えたいのだろう?』『そこを知りたいわけではないのに…』

と面接官が感じることがよくあるそうです。

そういう人は実際の仕事でも、お客様からの質問に誤った回答をしてしまい、

営業成績が低迷してしまうのでは…などマイナスのイメージがついてしまいます。

慣れないリモート面接でも、【結論から先に伝え、後から意図に合った内容を補足する】

を意識している人は好印象となります。

担当者も答えを知った状態で聞けるので、モヤモヤせずに済みます。

 

★そのほかのポイントを2つご紹介します★

 

1.電子機器はフル充電で

面談・面接中にオンライン接続している機器の充電が充電が切れそうになって

『少しお待ちください!』なんてことも…充電することは問題ありませんが、

充電が切れそうになってアタフタ慌てている姿を採用担当者へ見せてしまっては好印象とは言えません!

充電が難しい場所で行う場合は事前に充電をしてフルの状態にしておく。

充電ができる環境なら、前もってコードを繋げて万全な状態で面接を始めるようにしましょう。

特にWEB面接のツールを使用していると、普段より電池の消耗が早くなりがち、

事前にしっかり充電をしてリモート面接に臨みましょう。

 

2.雑音の少ない環境や視覚のインパクトを大切に

面談・面接をカフェに選ぶこともあるかもしれませんが、あまりオススメしません。

自分では大丈夫だと思っていても、採用担当者にはあなたが思っている以上に

周囲の音まで拾ってしまいマイクを通して色んな雑音が聞こえている可能性もあるのです。

また、背景に映る部屋の様子はきれいか、服装は清潔感があるか、

画面に映る顔の大きさは適切かを事前に確認しましょう。 

出来る限り静かな場所で、落ち着いて話しが出来る環境かどうかも良い印象に見られる1つです。

 

まとめてみると、リモート面接で印象に残るのは

第一印象がいい・ある意味「遠慮がない」・質問の真意を読み取った回答ができる】

この3つを武器に持つ人となります。採用担当者の心を掴みやすいでしょう。

 

第一印象は相手があなたに対する全体の印象にも繋がります。

そして「画面に映っていないから、目に見えないから」と油断せず、

面接が始まる前から表情や姿勢を意識しておきましょう。

また周りの環境など、たとえ直接の対面ではなくても印象に残る回答をすれば、

あなたのコミュニケーション能力の高さをアピールすることができますよ。

 

転職ポストマンでは求人のご紹介のみならず、

 スムーズに転職活動を行うための全面的なサポートを行っています。

求人紹介、ご相談などサービスは完全無料ですので、

転職活動への不安をお持ちの方はぜひお気軽にご相談くださいませ。

ご相談は

 

084-999-4123

まで。