今取得しておくべき資格 5選
2020.07.20掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Line
お役立ち情報

今取得しておくべき資格 5選

現在、日本では新型コロナウイルスによる影響で経済は大きな打撃を受けています。

経済の悪化は企業の雇用数の低下・失業率の上昇など、この数か月で悪化の一途をたどっています。

このような状況下で企業の働き方は大きな変化を求められており、今まで以上に結果を求められる時代を迎えています。

そこで、今後アフターコロナで注目の「今取得ておくべき資格 5選」を解説します!

 

1.簿記

ビジネスの基本スキルとして様々の職業で人気。

特に、簿記2級は企業が求める資格として最も評価が高く、色々な分野・職種で活躍が期待できる資格です。

簿記3級から受験する人が多数ですが、コロナ禍で増える在宅時間を活用して、

就職・転職で優位に立てる1級や2級を受験することもできます。

また、業務の効率的な分析や思考を身に付けることにもつながります。

在宅時間の活用ができる簿記はコロナ禍にある今注目されている資格です。

 

2.FP(ファイナンシャルプランナー)

金融業や不動産業、その他税金や保険な様々業界・職業で知識を活かすことのできる資格です。

営業職の方がファイナンシャルプランナーの知識を得れば、お客様へ保険等のアドバイスが可能になり、高い信頼を受けることも可能。

また、キャリアアップを目指して取得する場合もあり、現在のコロナ禍で注目を浴びています。

 

3.宅建士(宅地建物取引士)

不動産の売買や賃貸物件紹介などの仕事をする時に欠かすことのできない資格です。

宅建士は契約書など重要書類の記名・押印という専門知識を活かしお客様に説明ができるようになります。

その他、転職をするに有利に進む資格でもあり、スキルアップを考える方には強い味方です。

この資格の合格率は15%前後と厳しい資格ですが、在宅時間を利用して学習時間を確保し合格を目指せます。

宅建士はコロナ禍をうまく生き抜いていくための資格の一つです。

 

4.MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)

企業の多数ではワード、エクセル、パワーポイントなどの

基礎的なオフィスソフトを使用している為、このスキルは身につけておきたい資格の一つ。

基本的な知識と実践スキルを証明できる資格としてMOSは人気があります。

ワードやエクセルのスキルはリモートワークのニーズに合っている為、

アフターコロナでの変革において業務でも活用できる資格です。

 

5.公務員

景気状況や時代に左右されにくい安定性にの高いのが公務員です。

仕事が保証され長期的に仕事へ取り組める職業です。

現在のコロナ禍で企業が人員整理を行う時こそ、国・地方自治体の仕事が重要になるため、

経済の悪化による人員整理などは公務員にとって縁遠い存在となります。

これからのアフターコロナも乗り越えられることから、公務員が注目されています。

 

最後に

私たちの仕事は新型コロナウイルスにより大きな変化が必要な時代を迎えています。

終息した後もコロナの影響が経済などに残ることは避けられない状態です。

仕事が不安な方、キャリア形成スキルアップを目指したい方は、

この在宅時間を活かして、今後のアフターコロナで活用できる資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか?

 

転職ポストマンでは求人のご紹介のみならず、

 スムーズに転職活動を行うための全面的なサポートを行っています。

求人紹介、ご相談などサービスは完全無料ですので、

転職活動への不安をお持ちの方はぜひお気軽にご相談くださいませ。

ご相談は

084-999-4123

まで。