40代からの転職で成功するには?
2020.08.02掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Line
お役立ち情報

40代からの転職で成功するには?

最近の40代の転職市場は、20~30代の転職市場とは少し異なります。

少し前までは「35歳が転職年齢の限界」と言われていましたが、現在では40歳以上でも転職が充分可能な時代になっています。

その中でも、どのような経験・スキルが必要なのかポイントを3つご紹介します!

 

1.専門分野の知識とスキル

40代は専門分野の知識とスキルが求められます。

20~30代では未経験なことも、40代は仕事で多くのこと経験していることもあり、培ってきた経験やノウハウを

発揮することで企業の業績アップへ貢献できる可能性が高くあるからです。

また、企業の求めている40代は1伝えた仕事でも、8~10+アルファの内容が求められています。

一つの内容であっても1から10まで教えていかないと、業務ができないような人材は企業には求められていません。

今まで培ってきた知識・経験などの強みをしっかり分析することで希望の企業へ転職できる可能性があります。

 

2.マネジメントスキル

40代の仕事にはマネジメントスキルも求められています。

40代にもなれば、会社の中核としてプロジェクトの責任を担った経験もあることでしょう。

今まで得たマネジメント経験や知識、スキルを活かして企業に貢献することも期待されるポイントです。

その他、部下をどのように教育してきたのかもアピールポイントの一つです。

マネジメントの経験を通し、企業にどのように貢献できるかをしっかり伝えることをおすすめします。

 

3.協調性・即戦力

社会人としての経験が長い40代は、即戦力となる以上にコミュニケーション能力が高いと企業では考えられています。

知識や経験から新しい提案を行ったり、社員間の緩衝材となったりと、中核ならではの役割も求められます。

また、新たな職場で柔軟に対応し、仕事に取り組める人物かどうかを企業は注意深く観察しています。

 

◇その他にも必要不可欠なポイント7つ◇

1-家族の理解を得る

転職活動で大切なのは家族への理解を得ることです。

希望をしている企業では年収が下がるかもしれませんし、現在の仕事より勤務時間が長くなることもあるかもしれません。

その他、休日出勤が必要になることもあり、家族への負担が少なからずかかる場合があるからです。

ある日、突然「仕事辞めてきた」というような独断で決めてしまうことは絶対にやめましょう!

 

2-転職先が決定するまでは退職はしない

40代の転職は20~30代に比べ、転職先がすぐに決まるとは限りません。

希望する業種や条件によってはなかなか決まらず難航することも珍しくありません。

転職活動中に「やはり今の仕事が自分に合っているかも」と考えが変わったりすることがあるからです。

病気などで仕事の継続できないといった問題がない限り、現在の仕事を続けながら転職活動をすることをオススメします。

 

3-企業研究をしっかりとする

40代は、自分を採用することによるメリットを企業へどれだけアピールできるかがカギになってきます。

そのためにしっかりとした企業研究は必要不可欠です。

企業がどのような人材を求めているのかだけでなく、今後立ち上げようとしている事業計画などを研究することは、

自分が新たな職場でどれだけ貢献できるのかをアピールすることができるため、成功への近道です。

 

4-自分のキャリアを数えておく

自分が今までやってきた経験やスキル、知識をまずは文字に起こしてみてください。

文字にして表すと、自分が今まで思っていたもの以外にアピールポイントを見つけられるかもしれません。

スキルとスキルの組み合わせで、独自性を発揮することできます。

些細なことと思う分野でも自分のスキルをいくつか数えておくことで、

今までなかった新しいアピールポイントをみつけられ転職活動の役立ちます。

 

5-頑固にならず柔軟に

年齢を重ねていくと今までの経験や知識が多い分、自分の考えも「これ!」と固まってしまい柔軟性を見失いがちです。

希望する条件を『年収1,000万円以上』や『役職が付く仕事』など、

一度決めた条件をなかなか変えることができないかもしれません。

ですが、入社時にこれらの条件が満たされていなくても、入社後の頑張りや成果が企業へ認められ、

条件をクリアできる可能性は充分にあります。

条件を色々と細かく決めず、柔軟に考え転職活動を進めることも必要です。

 

6-面接対策を怠らない

書類選考に通過していても、面接対策を怠ってしまうと、内定されない可能性もあります。

面接は自分を最大限アピールできる最後のチャンスの場です。

面接時に聞かれる内容など、ある程度の予想をして、しっかりと対策をしましょう。

 

7-転職エージェント・人脈を有効利用する

転職エージェントはさまざまな業種の企業情報を持っています。

40代が応募できる求人は限られているので、

数少ない求人から条件に合った企業を見つけるには、時間のかかる作業となります。

効率的に転職活動を進めるためにも、転職エージェントの利用もオススメします。

また、友人などの人脈を利用した紹介では、紹介者が事前に性格や人格を説明してくれている場合が多く、

最終面接まで進む可能性が高いというメリットがあります。

企業側も通常の面接だけでは聞き取れないことを知ることができるため、

必要な人材の採用がしやすいとうことも。

しかし、自分の振る舞い次第では、紹介者へ迷惑がかかる可能性もあるため注意が必要です。

入社する場合、内定後にお断りする場合も、企業や紹介者に迷惑をかけないようにしっかり対応しましょう。

 

40歳から転職するならこの業界がオススメ!

◆男性の場合◆

・介護職

慢性的な人材不足にあるため、健康や体力に自信がある方であれば、40代も歓迎されます。

また、管理職も不足しており、企業で培った管理スキルを活かせます。

 

・タクシードライバー

普通二種免許が必須の職種ですが、普通自動車一種免許を取得後、3年以上経っていれば、

「二種免許取得見込み」ありとしてタクシー会社へ入社することが可能です。

今後、自分の体力が衰えてきても長く続けられる上、基本は1人での業務なため、

企業の会社員のように集団組織の中にいる必要もありません。

 

・トラック運転手

トラック運転手も慢性的な人材不足が深刻です。

体力は酷使する職種ですが、40歳からでも免許さえ取得できれば未経験でも歓迎される仕事です。

 

◆女性の場合◆

・介護職

女性ならではの細やかな気配りは、介護の仕事には欠かせません。

未経験や無資格の方でも始められ、ゆくゆくは管理職としても活躍も可能です。

 

・保険営業

セールスレディーは、40歳からでも経験を気にすることなく始めやすい仕事です。

多くの会社では研修制度が充実し、営業経験のある方なら保険未経験でも稼ぐことが可能です。

 

・医療事務

病院やクリニックなどで、受付や会計など業務を行います。

パソコン操作やデータの管理などが主な業務内容のため、事務経験者にはオススメの仕事です。

 

最後に・・

40代での転職活動を成功させるには厳しい現実はありますが、

自分のスキルや強みを把握し、アピールしていくことがとても重要となります。

自分の決意や覚悟、努力次第で転職成功を勝ち取ることは可能です。

企業が求める人材と自分がマッチしているのかをどれだけアピールできるかが、転職活動成功のカギとなるでしょう。 

 

転職ポストマンでは求人のご紹介のみならず、

 スムーズに転職活動を行うための全面的なサポートを行っています。

求人紹介、ご相談などサービスは完全無料ですので、

転職活動への不安をお持ちの方はぜひお気軽にご相談くださいませ。

ご相談は

084-999-4123

まで。