都心から地方へ!Uターンでの転職成功にむけて
2020.08.13掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Line
お役立ち情報

都心から地方へ!Uターンでの転職成功にむけて

進学・就職などで生まれ育ってきた地元を離れた人が都心で就職し

その後、地元へ戻り転職をするUターン転職。

地元へ戻り仕事がしたいと考える人には「都心での生活が合わない」、

「地元へ戻って落ち着いた環境で子育てをしたい」「実家の家業を継ぎたい」など、理由は様々です。

最近では、家族の高齢化により『親の介護』を理由にする人も徐々に増えてきています。

Uターン転職は、自分のキャリアだけでなく生活自体が180度変わるため、

人生の大きなターニングポイントとなります。

どうしたら都心から地方へのUターン転職を成功させらるのか、覚えておくべきことを3つご紹介します★

 

-Uターン転職を成功させる3つのポイント

1.家族でじっくり話し合う

Uターン転職には引越しは付き物です。

「失敗した」と後から思っても、気軽に元へ戻るのが難しい場合も多くあります。

生活環境も今までと変わるため、家族で時間をかけて話し合いの場を持つことが必要です。

不安や不満を持つ人が家族の中に一人でもいた場合は、問題が解決するまで転職を待ってください。

家族は最も身近なコミュニティなので、家族の誰かが犠牲になるようなことがないよう注意してください。

もし理想通りの転職ができなかった場合に、代わりとなる候補の転職先があるか、Uターンを選択したことに

後悔しないかを十分考えて行動することが重要となります。

 

2.焦らず自分に合った就職先を探す

都心と地方では求人数が少なくなりがちなUターン転職は

なかなか条件に合った仕事が見つからない可能性が高くなる傾向があります。

先を焦って移住先を決めたり、移住後に仕事を探したりすると、納得のいく仕事に就くことができないことも。

事前の準備をする時間を確保し、焦らずに仕事を探すようにしましょう。

地方の仕事を探す上でおすすめなのは、『移住ポータルサイト』『ハローワークのインターネットサービス』や、

地方の就職に強い『転職エージェント』などの利用です。

エージェントを利用することは、より多くの求人の中から自分に合った仕事を見つけることができ、

企業の特徴や仕事内容も判断しやすくなります。

 

3.なぜ地方企業への転職なのか考えを固める

通常の転職では「なぜこの企業を志望したのか」などを企業にアピールする必要があります。

Uターン転職の場合は「なぜ都心ではなく地方の企業で働きたいのか」という質問が予想されます。

単純に「生まれ育った地元へ帰ってきたいから」という理由だけでは、

転職活動の自己アピールとしても、覚悟も不足しているといえます。

地元企業に勤めることで今後何がしたいのかを明確にしておく必要があります。

 

■Uターン転職が向いている人は?

Uターン転職に向いている人は大きく分けて4パターンの条件です。

  • 「キャリア上昇志向」のより人も「ワークライフバランス」重視な人
  • 人とのコミュニケーションが好きで、地方ならではの人間関係が苦にならない人
  • 都心の便利さより、地方での生活を楽しめる人
  • 都心と地方の気候・環境に順応できる人

 

まとめ

最近では、「田舎暮らし」・「地方移住」が注目されるようになったことで、

地方で働くことに興味を持つ人が徐々に増えてきていますが、

Uターン転職は仕事や生活環境も大きく変えることになります。

家族との生活・時間を重視する人にとっては、Uターン転職は自分と家族の

心の安定度が高くなる働き方になるかもしれません。

Uターン転職を成功させるには今まで積み上げてきたキャリアこれからの人生設計をよく考えた上で、

しっかりと情報収集を行ってから、Uターン転職へチャレンジしてください。

 

転職ポストマンでは求人のご紹介のみならず、

 スムーズに転職活動を行うための全面的なサポートを行っています。

求人紹介、ご相談などサービスは完全無料ですので、

転職活動への不安をお持ちの方はぜひお気軽にご相談くださいませ。

ご相談は

084-999-4123

まで。