エンジニア転職のベストな時期は?年間の動向を解説!
2020.10.07掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Line
お役立ち情報

エンジニア転職のベストな時期は?年間の動向を解説!

 

 

エンジニアを希望して転職したいと思うときにベストなタイミングは?

いつ頃が狙い目になるのか、自分自身のいいタイミングも気になるところです。

今回はタイミングについて、いくつか補足情報と一緒にご紹介します!

 

転職するベストタイミングはいつ頃?――

転職市場の求人傾向を年間を通して確認してみると、

求人が多いのは年に2回3月~4月の時期9月~10月の時期になります。

その理由は退職とそれに伴った人材補充の時期や新規の事業を始める時期に関係しているようです。

これらの時期になると各企業では中途採用へのニーズが高まります。

この時期に合わせて転職活動を行うことで自分自身にピッタリな求人を見つけやすくなりますが、

転職を希望する人の多くが同じことを考えるため、他の人に先を越されないように要注意。

その他、求人が増える時期については業界ごとに違いがあるため、

自分が転職を希望する業界の情報収集をしっかり行い、転職活動を有利にすすめましょう。

 

IT業界への転職は?――

ITエンジニアへ転職するベストなタイミングは他の業界と比較し、具体的には存在しないようです。

それにはスキルと経験が関係しています。

未経験からIT業界に入りたい人の場合・・いますぐにでも行動を起こすことをおすすめします!

理由は、未経験転職の場合「年齢」が最も重要になるからです。

年齢についてはIT業界へ転職することに限ったことではありませんが、

未経験の職種へ転職する場合は年齢が若い人ほど有利になる傾向があります。

 

 

すでにIT業界にいる人の場合・・こちらはスキルや経験次第です。

今の仕事を通じてスキルアップできるのか、市場価値が上がるかという点です。

スキルアップについては、現在の会社で行っていることが会社外でも使えるスキルであれば、

退職を選ぶのはもう少し待って、現在の仕事を頑張ってもいいと思います。

 

一方、会社外では使うことのできないスキルしか身につかない環境なら、

今すぐにでも外へ視野を向けることをおすすめします。

IT業界は個人で稼ぐ力を身につけやすい業界ですが、

会社によっては現在の会社外ではスキルとして役に立たないことも残念ながらあります。

その場合、外に視野を向けることはとても重要になり、早めに行動を起こすことが大切です。

 

転職する際に一番評価される年齢は?――

先ほども少しご紹介しましたが、年齢によっても評価は大きく変わります。

20代は技術レベルがエンジニアとして劣っていても、

今後の成長の可能性を考えた上で採用してもらえる可能性があります。

 

一方、30代以上はエンジニア経験者でないと応募しても採用されないことも。

スキルが同じくらいの20代と30代が同時に応募の場合

20代をエンジニアとして採用する可能性が高いと言われています。

30代になると20代と比べ、ハードルが高くなる傾向に。

特に35歳になると30代前半よりも評価が厳しくなります。

 

30代は自分自身の市場価値の把握を――

30代以上の人は、自分のスキルや経験を社外でも評価されるスキルかを整理してください。

自分自身では評価されるレベルではないと思っていても、

転職後に実は評価されるレベルだったことから、年収が大幅にアップする可能性も。

もちろんこの逆もあるので要注意です。

 

35歳以上のでもチャンスあり――

先ほど、35歳以上になると30代前半よりも評価が厳しくなることをご紹介しましたが、

現在は昔よりも、35歳以上、40代や50代を積極採用する企業が増えてきています。

その理由には若年層の人材を充分に採用できていないこと

若手だけでは人数が足りないのが挙げられます。

企業選びの幅を広げることで、新しくチャンスを得ることも徐々に可能になってきています。

 

ITエンジニアへ転職の場合、他の職種と比べ、

時期による差は実は大きくないと言われています。

また、中途採用が活発になる時期はそれに比例して求人数も多くなり、応募が増えることも。

反対に採用が活発でない時期、多くの人が忙しい年末に転職活動を行うことで有利になる場合もあります。

採用が活発になる時期はおさえつつ、気になる企業の求人情報には

常にアンテナをはっておくことが大切です。

周りの流れに振り回されず、自分自身にベストなタイミングで転職できるよう、

しっかりと準備をしておくことが大切です。

 

 

スキルが足りないと思ったときはスクールへ通う――

自分の今までの経験では転職を希望する企業ではまだスキルが足りないと思うことも。

そんな方は足りないからと落ち込む必要はありません。

具体的にどの部分が足りないのかポイントを把握し、それを埋める努力をしてみてください。

その方法は、2択

・今の会社でさらに経験を積む

・新しくスキルを学んで身につける

新しくスキルを学ぶには、独学で勉強を行うかスクールに通うかのどちらかです。

スクールは仕事が忙しい人でも勉強を継続しやすく、

スクールの中には転職保証制度のサポートも用意しているところなどがあり充実しています。

もし、現在の会社で経験を積むことが難しい場合は経験が積める企業へ一度転職し、

そこで経験を積んでから再び転職活動をするのも一つです。

 

 

まとめ――

これと言って「ここ!」というタイミングが明確にはないIT業界ですが、

自分自身の経験やスキル次第ではすぐに次の段階へステップアップできます。

現在のスキルが不足している方は、タイミングはまだまだあります。

いつでも狙い目というIT業界。これからスキルを得るチャレンジをし、後悔のない転職活動を行ってください!

 

転職ポストマンでは求人のご紹介のみならず、

 スムーズに転職活動を行うための全面的なサポートを行っています。

求人紹介、ご相談などサービスは完全無料ですので、

転職活動への不安をお持ちの方はぜひお気軽にご相談くださいませ。

ご相談は

084-999-4123

まで。